女性を絶対に中イキさせる「ブリッジ法」って?

「クリトリスではイけるのに、中ではイケない……」。そんな悩みを抱えている女性は多いものです。しかし、そんな貴女やそんなパートナーを持つ方に、朗報です。絶対に中イキすることができるという、夢のようなテクニック「ブリッジ法」をお持ちしました。

そもそも中イキができない理由とは?

中イキができない理由として、まずは、男性のテクニックがないという場合ももちろんあります。ただ、男性のテクニックだけで片付けられないほどに、中イキを体験したことがない女性も多いもの。つまり、女性自身にも中イキすることのできない理由があると考えられます。

その理由とは、まず、第一に『エッチにのめり込み切れていない』ということ。それから、『膣の開発が進んでいない』ということ。ほかにも、間違ったオナニーのせいであったりと、理由は多岐に渡りますが、中でも、この2つは中イキできない女性の多くの特徴になっています。

ブリッジ法とは、膣を開発するひとつの方法

それでは、いよいよ本題の『ブリッジ法』の説明へと参りましょう。ブリッジ法とは、『挿入中にクリトリスを愛撫し、イク寸前で愛撫を止め、ピストンだけでイってもらう』ことを言います。こうすることで、徐々に中イキの感覚を掴むことができて、いずれは、中のみでイクことのできる膣へと開発されていくのです。

これをはじめてすぐには、イク寸前でクリトリスの刺激を止めても、ピストンだけになった途端に波が引いてしまい、イけないということもあるでしょう。しかし、波が引いたのであれば、またクリトリスへの愛撫に戻り、イク寸前で止め……ということを何度もくり返すことで、徐々に昂ぶりが強くなっていき、挿入だけでもイキやすくなるのです。

ブリッジ法のコツとは?

実際にブリッジ法を行って、膣を開発していく上で大切なことは、まず、お互いに声をかけ合うことです。クリトリスへの愛撫でイキそうになってきた時や、その波が引いてしまった時には、それを彼に伝えましょう。また、何度もくり返しても中イキができそうにない時は、それも彼に伝えましょう。気持ち良さの得られないエッチは、苦痛になり、やがてエッチ嫌いになってしまうとも限りませんので、無理はしないことです。

そのほか、本来のブリッジ法は、クリトリスからピストンの快感へと橋渡しする方法ですが、クリトリスへの愛撫を続けたまま、ピストンも続け、イかせてしまうといった方法を取ることもできます。何より大切なのは、ピストン中にイクという経験を何度も体に覚えこませるという点なのです。

オナニーで自己開発も可能

ブリッジ法は、何もエッチの時だけでなく、オナニーで行うことも可能です。方法としては、上記でお話した方法と同じで、クリトリスでオナニーをして、イキそうになったら、中でのオナニーにシフトするといったもの。

ただ、自分の指で中を開発するのには、限界があるので、抵抗がなければ、バイブなどのピストンしやすいグッズを購入することをおすすめします。

以上、『中イキを可能にさせるブリッジ法』のまとめでした。中イキはクリイキとは全くの別物と言って良いほど、快感の度合いも種類も違うので、この方法を試して、中イキを体感したことのある女性が増えて欲しいものです。そのために、ぜひとも男性の皆さんも、お手伝いくださいね!


PAGE TOP
ツールバーへスキップ