毎日でもやりたくなる!セックスがもたらす驚きの健康効果

男性も女性もセックスをすると気持ち良くなることができるので、毎日したいと思う人も多いですよね。エッチをするとお互い快感を味わうことができますが、それだけでなくいろいろな健康効果がある事を知っていますか。そこでセックスがもたらす驚きの健康効果についていくつか紹介していきたいと思います。

セックスは高血圧や心臓病の予防効果がある

12-t-12

ストレスの多い生活をしていたり、甘いものや高カロリーのものをたくさん食べていると血圧が高くなってしまい、それによって心臓病などいろいろな病気にかかりやすくなってしまいますが、エッチを定期的にすることによって予防することができます。なぜならエッチしている時、お互い気持ち良くなり、ストレスを感じないため、体内から分泌されるアドレナリンが抑えられるからです。

それによって心拍数の乱高下が防がれ、血圧を下げることができます。また高血圧が予防できれば、それが原因でなりやすくなる心臓病対策にもなります。

セックスは肌を綺麗にする効果がある

2-t-331

異性とエッチをすることによって人は気分が良くなるので、体の各部分にいい影響を与えますが、その中の一つに肌が綺麗になるというものがあります。週に数回性行為を営んでいる人は肌が綺麗で実年齢より若く見えることも多いです。年齢は40代なのに見た目は30歳前後に見えることも多いです。

なぜエッチすると肌を綺麗にすることができるのかというと体内の血流が良くなり、毒素を体外に出してくれるからです。また女性は、セックスによってエストロゲンという肌を綺麗にする女性ホルモンが多く分泌されるのも大きな要因です。

セックスはダイエットの効果がある

性行為を営む時、男性も女性も基本的に体を動かすことになります。例えば男性の場合は射精をするためにペニスを女性の膣を挿入してピストンしますが、この時何回も腰を振ります。また女性騎乗位の体位でする時など結構体を動かす場合もあります。そのためエッチする時、結構カロリーを消費することになるので、ダイエットが可能となります。体についている無駄な脂肪を燃焼させることによっていろいろな病気の予防ができて、健康促進につながります。

セックスは癌になる可能性を低下させる効果がある

人は自分の健康を犯すいろいろな病気にかかってしまうことがありますが、その代表的なものとして癌があります。これは本来の人の細胞とは違った細胞が出てきて、それが増殖していく病気です。現在人の死亡原因でも1位となっていて、誰もが癌にはなりたくないと思っています。

定期的にエッチをしている人は癌になりにくくなります。なぜなら性行為をすることによるリラックス効果、ストレス解消効果によって細胞の免疫機能を向上させることができるからです。また前述の通り運動不足が解消できるのも理由にあげられます。肥満は万病の元ですからね。

セックスすることでしっかり睡眠を取ることができるようになる効果がある

夜の時間に男性と女性がエッチをした後、ぐっすり眠ることができる場合が多いですが、これにも理由があります。それは人の心をいい気分にさせてくれるホルモンであるエンドルフィンがエッチ中にたくさん分泌されるので、行為が終わるとリラックスすることができるからです。

またエッチすると緊張感やストレスも軽減されるため、あまり考え事をすることもなくなります。そのため寝ようとした場合、短時間で深い眠りにつくことができるようになります。

セックスは体の免疫力を高める効果がある

定期的に性行為をしている人の特徴として元気で生き生きしていることがあります。見るからに風邪をひいたり、病気にかかったりしなそうな感じです。

そしてたくさんエッチをすると体の組織の中や血液中にある免疫グロブリンの量が多くなります。それによって外部から入ってくるウイルスの体内への侵入を防いでくれるようになるため、風邪をひいたり、いろいろな病気にかかりにくくなります。

セックスすると自尊心を満たす効果を得られる

人が健康的な毎日を送るためにはプライドを持って生活することが大切であると言えます。なぜなら物事を取り組む上で高いモチベーションを持つことができるからです。それによってネガティブな要素を排除することができ、自分の体に害を与える要素を無くすことがでいます。

そして異性とエッチすることによって人の自尊心を満たせます。なぜなら性行為中は常にその相手を求めながらするので、自分は必要とされているんだと思うことができるからです。また男性側は特定の女性の存在は一つのステータスでもあるので、性行為をする相手がいることで自分の自尊心を満たすことができます。

セックスはうつ病を予防する効果がある

現代はストレス社会と呼ばれているように、多くの人がストレスを感じながら生活をしています。中には自信を喪失してしまい、うつの状態になってしまっている人もいます。うつ病になるとマイナスなことばかり考えてしまうため、どんどん心が病んできてしまい、やがて風邪や病気になって健康が害されてしまうこともあります。

しかし異性と定期的に性交渉をすると、気分が良くなってポジティブに物事を考えることができるようになるため、うつ病を予防することができます。例え仕事で嫌なことやストレスが溜まるようなことがあっても、たくさんエッチするとすべて吹き飛んでしまいます。

セックスは認知症の予防効果がある

人々は年齢を重ねると脳の働きが衰えてきてしまいます。中には自分のした行動を理解できなくなってしまう認知症になってしまうケースもあります。この症状が出てしまうと自分一人で生活できなくなってしまうので、健康面を害してしまうことも多いです。

しかし男性も女性もエッチを定期的にすることによって脳の衰えにくくさせ、認知症を予防することができます。なぜなら性行為をすると興奮して血液が脳にまわりやすくなり、脳の働きが活動的になるからです。また脳の細胞もたくさん作られることになるので、ボケにくくなります。認知症を予防することができれば、長い間健康を維持することができます。

セックスは髪の毛の質を維持できる効果がある

男性と女性がエッチをすると脳の血流が良くなります。そのため頭に生えている髪の毛にもしっかり栄養素が行き届くようになるので、質のいい髪の毛を維持することができます。髪の毛の質は人の健康のバロメーターの一つであると同時に外見の善し悪しを決める大きな要素となります。そのためできるだけたくさんエッチしていい質の髪の毛が生えてくるようにしましょう。

セックスは気持ちよくなれる行為とだけ認識している人も結構いたと思いますが、エッチにはいろいろな健康効果があることを知って驚かれたのではないでしょうか。健康を維持できればそれだけ長い時間エッチを楽しめるので、一石二鳥ですよね。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ