煽りで射精欲求を高める

「射精管理」の先にあるもの…
KHと被管理者の2人で結んだ「射精管理の契約」の締結後…
KHは、被管理者の「性」を管理しつつ、その性欲をあおりながら射精欲求を高めてやり… しかし、決して安易には射精させず、焦らしに焦らしてあげる。
…その結果、24時間「射精」の事しか考えられないような、常に「発情した状態」へと堕とす。
エッチで、はしたなく、射精の事しか考えられない哀れな「貞操奴隷」へと相手を変えてしまう。
文字通り、「心」を縛る。

midd950jp-02

そうやって、極限にまで高められた「射精欲求」をエサとして利用しながら、こちらの要求を呑ませつつ… よりハードな調教を行っていくためのプロセスでもあります。

そのためには、禁欲期間中も被管理者の性欲を増大させ、これをできるだだけ煽ってやるようにしてください。

「煽り」の手段…
たとえば…
過激なAVなどを見せてやるのもいいですね。 それも、できれば男性側の描写があるものがよいでしょう。
男優が性器を隆々と勃起させ、はげしくピストン。 女性の胎内に何度も大きくストロークし、射精。 大量の精液を思う存分ぶちまける。
そんなシーンを見せられたら…貞操帯を嵌められ射精を許されず、ずっと禁欲を強いられている被管理者はどうなるでしょうね。

自分も…
勃起させたい!
そして、射精したい! おもいっきりペニスをしごいて、たっぷりと出したい! あぁ、なのに…できない…(笑)

penis-instrument-chastity-belt-cock-ring-4

「増精剤」の活用…
また、射精管理中は
「増精剤」の飲用を義務づけてやるのも、さらに効果的となります。
「精液のストック量」と「性欲」は比例します。 一滴も出せない状態でさらに、そんなものを大量に飲まされたら…。
被管理者の睾丸は、いったいどうなってしまうのでしょう(笑)。

特に、「エビオス・亜鉛・プロテイン」の3コンボが凶悪、ということです。

プロテインはタンパク質なので「精液」を、亜鉛は「精子」を作る材料ですね。
その筋では有名な「エビオス」は、飲み続けると精液の量が劇的に多くなるといいます。 健康にもいいらしいです。

また、「コエンザイム」も、睾丸の細胞活性化に効果的だそうです。 ズバリそのまま、精液に含まれている成分です。

エビオス錠 亜鉛 プロテイン
コエンザイム


これらの増精剤の効果は…
たとえ、本人が望んでいなくても、被管理者を悩ませる元凶である「性欲」、その源である新鮮な「精液」が毎日毎日、
次々と製造され、たっぷりと溜められていってしまうという部分です。
それをわかっていながら、飲用せざるをえない… 哀れですね。

「射精禁止」とともに、「性欲を抑え射精欲求を鎮め、常に清らかな心と身体でいるように」と命じられ…
そんな被管理者の身にとって、これは矛盾した命令となりますね。 禁欲を強いられている上、精液が大量に製造されて溜まってゆけば… 性欲が湧き上がってくるのは当然のこと。

しかし、「射精管理」はそれ自体が「責め」ですので、このくらいの仕打ちは当然です。(笑)

被管理者は「貞操帯」を装着され、性器は常に拘束され締め付けられ…しかも、常に刺激されている状態。
精液は一滴も出すことができないばかりか、その増産まで義務づけられてしまう。

そんな状態に追い詰めてやることで、自分が「責められる身」であることを自覚させ、逃れるすべのない被虐的な気持ちに酔わせてやりながら… 徐々に徐々に、「M性」を開発してゆくわけです。

増精剤の働きによって、被管理者は… 精液がたっぷりと溜まり、性欲も高まって常にムラムラした状態。 精神的にも肉体的にも追い詰められ、どうしようもなくなっていきますが…
心配しなくても、貞操奴隷の「純潔(射精を一切しないこと)」は、本人の気持ちとは全く関係なく「貞操帯」がしっかりと守ってくれるので全く問題ありません。(笑)


PAGE TOP
ツールバーへスキップ