「アナルプラグ」の正しい使い方と注意点

セックスをする時に、よりセックスを楽しむための大人のおもちゃというものが、今では多く売られていますよね。それはバイブだったりローターだったり使ったことがある人も多いと思いますが、その中でも「アナルプラグ」と呼ばれるグッズをご存じでしょうか。今回はおしりの穴に適したアナルプラグについてご紹介します。

アナルプラグって何?

まず「アナルプラグ」というグッズ自体を知らないという方のために、このグッズについてご紹介したいと思います。アナルプラグというのは、アナルという言葉の通りおしりの穴に使うための大人のおもちゃのことを言います。

おしりの穴は男女問わず性感帯であると言われていますが、恥ずかしいし痛そうだからあまりしたくないという意見が多く見られます。そこで活躍するのがこのアナルプラグです。小さい物からあるので初心者も簡単に出来ますし、これを使うことでアナルセックスへの入り口が開くと言われています

おしりに上手くフィットする形で作られているので慣れていない人でもそのまま上手に使うことができ、使っていくうちにグッズがコーンの形をしているので、徐々に太くなるような設計になっています。

またアナルプラグには、大きさも様々ありますが、大きさだけでなく種類も様々なのです。例えば通常だと振動する物が多いのですが、膨張したりするものもありますし、素材もシリコン製やゴム製、中にはメタル製のものもあります。

アナルプラグを使う前に:まずはローションと指で

istock_000014217846_small_jpg1
初心者でもうまく使いこなせるというアナルプラグでも、初めからこのグッズを使うのは痛いし無理があるものです。ですからまずはローションでおしりの穴に入れやすくし、まずはアナルプラグよりも細い指で練習をしてから行うことをオススメします。

女性の膣と同じで、やはりローションを使った方がすべりが良くなり入れやすいですし、いきなりバイブなどを入れるよりも、まずは指で慣らした方が痛さは半減しますよね!それと同じでアナルも初心者は指から慣らしていきましょう。

指を入れて出すをゆっくりと浅めに行い、それを徐々に深くしていきましょう。まずアナルに物が入るということに慣れていませんから、その感覚から慣れることが重要となってきます

アナルプラグの使い方1:浣腸する

基本的にアナルプラグと言うのは長い時間装着して使うものです。ですからまず使う前におしりの穴・アナルを綺麗に洗っておくことが大切です。やはり綺麗に洗っておかなければ、後々病院に行くという事態にもなりかねません。

浣腸に関しては、初心者でも行いやすくするための道具なども安値で売られているので、ぜひそちらを使って行うことをオススメします。

アナルプラグの使い方2:ローション

これは先ほどの指と同じように、最初はローションを塗ったうえでアナルプラグを挿入しましょう。バイブと同様にいきなり穴に何も無しに入れるのはとても辛いものですから、たっぷりとローションを使うことをオススメいたします。

「入るかな?」という感覚になるまで、無理に入れようとはせず、ローションを塗ってもダメならまた塗っておしりの筋肉をほぐしていくことを優先しましょう。

アナルプラグの使い方3:入れっぱなしにする

そして入れたらまずは動かしたりせずに、そのアナルプラグが入っていることに慣れましょう。振動なども伝わるでしょうし、指とは違う太さや硬さがありますから、最初は慣れるのに時間がかかるかもしれません。

ですからちょっと入れてじっとする、という動作を繰り返し行って使うのが良いでしょう。慣れて行くごとに使う時間を徐々に長くしていくのがポイントです。

アナルプラグの注意点1:無理して入れすぎない

まずアナルプラグというのは、コーンの形のくびれ部分、つまり半分くらいまでを入れることを目安として使われます。より快感を得たいからなどの理由で必要以上に入れてしまうと後で抜けなくなってしまうというような事態にもなりかねませんので、そこは注意しましょう。

アナルプラグの注意点2:始める前に大便を済ます

まずアナルプラグを使ってのプレイをする前に大便を済ますというのは当たり前ということを注意として覚えておきましょう。これはマナーということもありますが、それだけではなく大便が残ったまま入れてしまうと、残った大便が逆流してしまう恐れがあるのです。

逆流してしまうとどうなるかと言いますと、病院へ行って処置を施してもらわなければならない事態にもなりかねないのです。ですから必ず大便を済まして行いましょうね。

アナルプラグの注意点3:適度に抜く

アナルプラグの使い方として長時間アナルに入れて、我慢するというのが通常のプレイ目的の1つとしてあります。ですがあまり長く入れっぱなしにしてしまうと、お尻の穴が渇いてしまうため、取り出す時にとれにくくなり、腸内と密着していることから痛い目に合ってしまうということも考えられます。

ですから、適度にアナルプラグを取り出してはローションを塗って、また入れるといった動作を繰り返して行うことを忘れないようにしましょう。

「取れない、どうしよう」となってしまってからでは遅いですし、それを取り出すには病院に行かなければいけなくなってしまいますから、それを指したまま行くというのはとても恥ずかしいですよね。

アナルプラグの注意点4:使ったアナルプラグは他で使わない

例えばあなたが使ったアナルプラグを洗わずに恋人が使うなんてことは絶対にしないようにしてください。あなたが持っていた菌が次に使った人の体内に入ってしまい、病気に感染してしまうという可能性が出てきます。

また行う人はいないと思いますが、アナルに使った後に洗わずに膣に使ったりすることもやめましょう。まず普通の人は入りませんし、入ったとしても先ほどのようにおしりにあった菌が膣から入ってしまうなどの危険性がとても高いので絶対にやめて下さい。

いかがでしたでしょうか。このアナルプラグというのはセックスの中では羞恥心を煽るために行われることが多いようですが、アナルセックスをするために開発という目的で使う人も多いようですね。ですが注意事項もとても多いので、必ずそれらをすべて守ったうえで使うようにして下さい。

カップルで愉しむにはコレ↓

 

 


PAGE TOP
ツールバーへスキップ