どうしたら信頼できるお兄さんから恋人への一線を越えられますか?

女性の心を開いて本音を言える関係になっているのに恋人にはなれない。

これは「いい人止まり」で終わってしまう男性と一緒のパターンです。

なぜ心を開いて本音で会話が出来る関係なのに異性として見られないのか?

この原因を考えてみた場合、

【完全な安全人物になってしまっている】ということが原因なことが一番多いです。

これは「いい人」と思われる人(そう思われたいと考えている人)が知らず知らずになっていることが多いです。

安全な人物になりすぎた結果、
信頼できるお兄さんというキャラが固定されてしまい後からどれだけ好意を伝えても
そのキャラが拭えなくて異性として見られない。

というパターンです。

相手のふところに入るために一時的に安全人物と思われるのはたしかに有効ですが

何もしない安全男キャラに固定されるのは避けなければいけません。

ファイル 2016-04-13 2 06 16

※あなたが最終的にゲットしたいなら

では、安全人物キャラにならないためにはどうしたらいいのか。

当たり前ですが、すぐ手を出しそうだったり
ヤバい奴の行動をすればいいのでは、ありません。

俺のおすすめは

「好意は言っているんだけど、本当にそうなの?という感じで接する」

です。

冗談っぽく好意を言う

→ 本当に好意をもっているかわからない感じで。

デートしよう。みたいな発言だけ、話の合間に入れていく。

→ 本当にデートしたいと思っているかわからない感じで。

また、こういう事をうまく言えない人は、

「第三者の人があなたに対して好意的なことを言ってた」

というフリを使ってみてください。

ファイル 2016-04-12 19 17 15

たとえば

「そういえばA男がお前のこと好きって言ってたよ。
まあ、俺の方が好きだけどな!(笑)」

みたいなコミュニケーションです。

お互いに心が開ける関係だったら
このように少しリスクをとった会話をしても関係が切れる心配はほとんどないです。

嫌われるのが怖くなりがちな方は好意を徹底的に隠そうとします。

実際のところ、好意を最初に言うのはたしかにリスクなのですが

逆に、最後まで隠すのは、さらに高リスクになるんですね。

たとえば、かなり心も開いてるからと

「ホテルいこう」とクロージングをかけた際に「そんな人だと思わなかった」と嫌われたり。

安全な男として心を開かれてしまうと心は完全に開いてくれたけど、ゲットはできないという
手詰まり状態になる可能性があります。

完全な安全キャラに固定される前に冗談か本気かわからない感じで
会話に好意的なことを入れていって

あくまでも「男」ということは認識させておいてくださいね。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ