自分の体のことを知るということ

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-10-27-12-31-54

こんばんは、まさ☆彡です。

エッチをしているときに、女性に対して「どこが気持ちい?」とか「ここ気持ちいい?」って感じるポイントを尋ねることってあると思います。

でも、意外なことに女性から「分からない」っていう答えが返ってくることって多いんですね。

女性にわからないと言われてしまったら男性としてはお手上げです(-“-)

もちろん「わからない」という答えには、恥ずかしくて正直に言えない・そんなこと聞かないでよって言う気持ちがあるのかも知れません。

でも、中には本当にわからない女性も少なくないみたいなんです。

それは自分で自分の体のことを理解していないことが原因かもしれません。

愛撫されてどこが気持ちいのか?どういう愛撫をされると気持ちいのか?

それを本人が判っていなければ、気持ちのいい愛撫の仕方が判る訳がありません。

理想を言えば、女性自ら言わずとも男性が努力をして男性が発見していくのが理想かとも思います。

そして、男性は自分で女性のツボを発見していく努力をすべきですし、そのために女性の反応をしっかりとチェックして独りよがりの愛撫にならないように気をつけなければなりません。

でも、やはりそれには限界があるんですよね。エスパーでもない限り、他人の快感のツボを完璧に把握するのはかなり難しいことだと思うのです。

時には女性に意見を聞いてどういう愛撫をしていくのがベストなのかを擦り合わせて共同作業で二人のベストなセックスの形を作っていくのも二人で良いエッチをするためには大事なことだと言えます。

でも、それも女性自身が自分がどういう愛撫をされたら感じるのか、自分の体はどこが感じてどういう愛撫に快感を感じられるのかそれを自分で把握している必要がある訳です。

しかし、自分の体のことを実はわかっていない人が結構多いんです。

これは別に女性だけに言えることではなく、男性でもわかってない人も結構います。

例えば、女性が男性にフェラをしているときに、「どこをなめられると気持ちいい?」とか「どういう舐められ方をするのが好き?」と聞かれても応えられないっていう男性も少なくないのです。

わからないって言われても困っちゃいますよね。本人が判っていないのに私にどう分かれというのか?みたいな(笑)

自分の体のことを知っておくこと、これはエッチをより良いものにしていくためにすごく大事なことです。

そのためにオナニーはとても大事な行為だと思うのです。

オナニーというとなにか後ろめたいとか、どこかやらしくて恥ずかしい行為だというイメージを持っているかと思います。

でも、決してやましい行為でもなく、むしろとても重要な行為だと思います。

では、自分の体を知るためにどういう方法があるのかというと、オナニーの方法としては売部を使用するというのが考えられます。膣を開発するのにバイブを使用するのは効果的だと思うのです。

バイブ特融の振動やスイングといった通常のエッチでは有りえないような刺激を膣に与えることで快感に目覚めさせることが出来るわけです。

ただ、自分の体を知ることとなると話は違います。

バイブって確かにいろいろな刺激を与えてくれるのですが、逆にいえば実際の愛撫にはない刺激を与えてしまうという意味でもあるんです。

当然、ペニスは振動しませんから!自分のペニスを振動させる技を身につけれれば罰ですけど(笑)

自分の体を知るということで実際のセックスの中でどういう刺激が自分に感じるのか、それを知ることが大事だと思います。それはディルドが適しているのではないでしょうか?

ディルドを自分で挿入して自分で動かすことになるのですが、自分で気持ちのいいところを探すことになる訳で、ディルドで自分の気持ちのいいところを探すことが出来るんですね。

奥が感じるのか、上壁が感じるのか後壁が感じるのか、月ような刺激が好きなのか?自分で刺激して自分で探ることが出来るんです。

ディルドがベストなものとは言いませんが、一つのアイデアとしていいかと思います。

セックスは相手を悦ばせることも大事ですが、自分が感じることも大事なことです。

そのために、是非とも自分の体を知るということを意識して欲しいなぁを思います。

より良いセックスをするためには相手のことも自分のことも知ることが大事ではないですかね!?

以上、まさ☆彡でした。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ