女性に気持ち悪がられてしまうNGなアプローチの仕方

好きな女性には積極的にアプローチしたいもの。でも、待ってください。そのアプローチ、行き過ぎてはいませんか?今一度冷静に、自分の行動を振り返ってみましょう。女性に気持ち悪がられてしまうNGなアプローチの仕方5選を紹介します。

メールやLINEを毎日大量に送る

a20150819-1
マメな男性は好かれるといいますが、もちろん何事にも限度があります。メールを毎日、大量に送るなんてもってのほか。それも内容に対して、相手が興味を持てなければなおさらです。自分が彼氏であるならともかく、まだそうでないうちは大量にメールを送ったところで逆効果。意中の相手はドン引きするでしょう。メールを送って相手の反応がほしい気持ちはわかりますが、相手のペースに合わせてあげることが大事です。

ちっとも返信が返ってこない場合は、相手は興味がないということ。催促してもさらに逆効果です。そのようなメッセージの送信は自重したほうがいいでしょう。

やたらと触る

2015_09_29_11_18
彼氏でもないのに、やたらと相手に触ろうとするのはNGです。「他意はなかった」あるいは「ちょっと悪ふざけで…」など、軽い気持ちで深い意味はなかったとしても、相手に警戒されてしまいます。自分が好きな相手にやってしまえば、余計に恋愛は遠のいてしまうと心得たほうがいいでしょう。場合によっては「非常識だ」と人間性さえ疑われてしまうことも。そうなったら取り返しのつかないことになってしまいます。

相手から触れてきた、あるいはれっきとした彼氏であることがわかっているときなどを除き、相手に触れるというアピールの仕方はやめるべきです。

待ち伏せする

その気がなくても一歩間違えればストーカー認定されてしまいかねない行為、それは待ち伏せをすること。好きな相手にはなるべく一緒にいたいと思いますよね。しかし、なかなかそのきっかけが得られないとなると、彼女に近づこうと偶然を装って待ち伏せするようなことを行ってはいませんか。こちらがどんなにとぼけて見せたところで、相手にはバレバレなんです。

問題なのは、こちらに悪意はなかったとしてもストーカー扱いされかねないこと。職場や家の周りなどで待ち伏せすると、通報されてもおかしくはありません。真剣に考えているならやめるべきであることは言うまでもありません。

クサい言葉を使いまくる

ロマンチックな言葉も使いすぎれば「ただのイタい人」です。彼氏であればまだしも、そんな関係でもない男性から、歯の浮くような言葉を使われたところで相手にはまったく響いていないのです。男性としては「気の利いた言葉を使おうと思って」とけっこう真剣に考えた結果なのかもしれません。

ですが、いろいろと創意工夫を凝らそうとするよりは普段通りの言葉で接してみましょう。そのほうが、相手も気軽に話すことができるでしょう。

デートの約束を無理やり取り付けようとする

しつこいことは、女性に嫌われる行動の一つです。好きな相手とデートしたいと思うのは男女問わず当然のことだとは思います。しかし、だからといって無理やりデートのお誘いをかけようとするのは、最悪の印象を与えます。「自分はそんなことしない!」と思っていても、なかなかデートの約束が取り付けられなかったら、思わずムキになってしまうことはありませんか。

人間は、自分の思い通りにならないと視野が狭まって周りが見えなくなるものです。そんなときこそ冷静さを取り戻して、相手に嫌われない行動を心がけたいですね。

嫌われるのは独りよがりだから

ここまで、女性に嫌われる行動5選を紹介しましたが、すべて「自分勝手な行動」であることが共通しています。上記の行動をもう一度、考えてみてください。頭の中にあるのはすべて「自分にメリットのある行為」で、「相手の気持ちや都合」というものをガン無視していることに気づきませんか。

相手のことが本当に好きで真剣に考えているのならば、そのような行動をすれば相手から嫌われることはすぐにわかります。相手の気持ちを考えること、それを忘れないように。

いかがでしたか。相手に嫌われる行動というのはちょっと考えてみれば、すぐわかるものです。独りよがりにならないためには、相手の気持ちを常に考えてあげること。それも、自分の都合のいいように解釈せず、相手の反応からどう思っているのかを推測していきたいですね。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ