ただ、やりたいだけ!カラダだけが目的の男性の特徴

男は好きな人以外でもセックスしたいと思う生き物。本命の彼女がいても、気になる女性がいると口説きます。カラダだけが目的ということもあります。そこで、カラダだけが目的の男性の特徴を紹介します。ぜひ、あなたの彼のこともチェックしてみてください。

口が達者

%e7%94%b7%e6%80%a7%e5%b1%8b%e5%86%85%ef%bd%8340

カラダだけが目的の男性は、とにかく口が達者です。普通に考えるとよくこんな恥ずかしいことまで言えるな、というセリフをポンポン吐きます。ところが女性は褒められると嬉しい生き物、どんどん気分が良くなっていきます。「この人、私のこと好きなのかな?」ということで頭がいっぱいになってしまいます。そんな中「こんな気持ちになったのは初めて」「お前を誰にも渡したくない」なんて言われてしまうと、その言葉を信じてしまいます。そのまま、その日にセックスなんてこともあるでしょう。クサ過ぎるセリフだと感じた時は、一度冷静になってみましょう。

弱みを見せると優しくしてくる

large_756347_1

彼氏に振られて傷心している女性に、必要以上に優しくしてくる男性は要注意です。その男性の頭の中は「どうやってセックスまで持っていくか」ということしか考えていません。傷心している女性は、誰かに話を聞いてほしいと思っています。「それは辛かったね。俺ならもっと分かってあげられるよ」と頭をぽんぽんされたら、女性はコロッと騙されてしまいます。セックスが終わった後は、目的を達成した男性の態度がコロっと変わって急に冷たくなってしまうことも。セックス後も変わらず優しさが続く場合は、元々男性が女性のことを好きだった可能性もあります。

セックスできない日は不機嫌

セックスができる日は機嫌がいいのに、生理などでセックスができない日は明らかに不機嫌になります。最初は「今日は機嫌が悪いのかな」と感じる程度ですが、何度かこのようなことが続くとだんだん女性も、カラダだけが目的なのかなと疑っていきます。デートはお互いの家やラブホテルだけということも多いです。ここで思い切ってセックスなしの外でのデートを誘ってみましょう。明らかに態度に現れたら、カラダが目的である可能性が高いです。

お酒が入るとボディタッチが増える

普段は大人しいのに、お酒が入ると気持ちが大きくなるタイプです。お酒の力を借りてボディタッチが増えます。普段は自分の力だけでアプローチする勇気はありません。こういうタイプは「隙あらばセックス」と考えていて、お酒を飲んだら女性に絡むタイプ。お酒を飲んだ時は強引です。もしかしたら、周りにもこの男性と関係を持っている女性がいるかもしれません。お酒に飲まれる男性には気をつけましょう。

何かと2人きりになりたがる

飲み会でも、2人きりの世界を作りたがる、「この後、2人で抜け出そうよ」とやたら2人きりになりたがる男性は注意が必要です。セックスすることしか考えていません。飲み会では毎回、誰かをお持ち帰りしている可能性もあります。お持ち帰りの常連です。こんな男性には、ハマらないようにしたいですね。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ