もう一つ!上級者が必ず意識していること教えます!

さて、上級者のエッチについて、先日までは「同時攻め」についてお話ししてきました。 同時攻めは上級者が必ずと言っていいほど行っている行為です。

是非同時攻めについて理解を深めて、あなたのエッチの中でもどんどん使っていってくださいね。

ただ、上級者のテクニックというのは、何も同時攻めだけではありません。

それ以外にもまだまだ必ずやっていることってあるんですね。

そこで今回は、同時攻め以外にもう一つお話ししたいと思います。 何の話かというと、「感度」についてです!

感度については今までにも触れてきたかと思います。

特に上級者に限定した話ではありませんので、何で?と思われるかもしれませんね。 でも、感度を意識してエッチをするか否かでエッチの気持ちよさっていうのは大きく変わってくるんです!

感度を高めること。 これはエッチでは凄く重要なことです。

感度が高まっているかどうかで、快感のレベルって全然違うものなんですね。

感度が高まっていればいるほど、普通に触ったり舐めたりするだけで感じてしまいます。

いつもと同じ愛撫、いつもと同じエッチのやり方をしても、感度が高まっているだけで何倍も気持ちよくなれるんです。

極端な話、エッチが多少下手であったとしても、感度が高まっていればそれだけでイクことだってあるんですね。

2016-04-07-16-36-49

例えば、大好きだった人との初めてのエッチ。

そういう大好きな人とのエッチってやっぱり興奮するじゃないですか? そういう時って、精神的な面だけでなく、体の感度の方も高まってくるものなんですね。

ですから、多少エッチが雑だったとしても、「大好き」という感度を高めるパワーが加わるので 凄く気持ちいいエッチに感じられたりするんです。

(逆に緊張してしまって感度が下がってしまうこともあります。 緊張は感度を下げますので、感度を高めるにはリラックスは重要ですね。 ですので、一概に最初のエッチが気持ちいいとは言い切れません)

いかにして女性の感度を高めるか。 感度を高めるための方法をエッチに取り入れるか。 そこが重要になってきます!

単純に触り方舐め方が上手というだけでなく、感度の高まりをコントロールすることができれば、快感を2倍にも3倍にも増幅させることができます。

ですから、エッチでは感度を高めるという意識で取り組むことが凄く大事かなと思いますね!!

感度を高める方法としては、一つは体温を高めるという方法がありますね。

意外とこの体温って感度にとっては重要で、でも体温を意識している人って少ないんじゃないかと思います。 女性の体は、体温が下がると感度も下がります。

また、実際の体温だけでなく、体感温度が下がっても感度は下がっていくものなんですね。 つまり、「寒い」と感じただけで感度って下がっていってしまうものなんです。

冬場であれば当然気温も低いですから、体温も下がります。 なので、布団を掛けたりして体温を下げない工夫をすることは細かいことですがとても重要なことです。

エアコンなどで部屋の温度を調節するのも大事ですね。 とにかく体を冷やさないこと。 これが凄く大事なことなんです! 体温を下げないために、体を密着させるのも良い方法だと思います!! 常に女性の体に密着したり、常に女性の体を触っている、そうやって”触れる”ことによって体温を高めることができます。

よくエッチの時に、女性の体をよく見たいがために布団を掛けないでエッチをする人もいるのですが、 それだとどうしても体温って下がってしまうんですね!

冬場にそれをやってしまうと寒いですしみるみる体温も下がってしまうので非常に大きなマイナスです。 この辺の気の利いたことができるかどうかって、単に優しさとかそういうことだけではなく、 エッチ自体の快感度にも大きく関係してくることなんです。

これは冬場に限った話ではなく、夏でも同様です。

2016-04-06-17-28-22

夏だと暑いから大丈夫だと思われるかもしれませんが、夏でも裸だと体温って下がるものです。

特に女性は冷え性の人も多いですし、冷え性の女性は夏でも体が冷えていることが多いので、夏だからと言って油断はできないものですよ。

さすがに夏に布団を被ってというのはやり過ぎですが、常に体を密着させたりハグをしたりして 体温を下げないようにするのは意識したい点ですね。

この体温を高めるというのは、感度を高めるための一つの方法です。 勿論、感度を高める方法というのは他にもあります。

ただ、この”温度”って意外と疎かになりがちなので、このことを意識しておくだけでも全然違いますよ!

それでは次回は、感度を高めるもうひとつの方法で、とても重要なことをお話ししたいと思います!


PAGE TOP
ツールバーへスキップ