心地いいセックスで必殺技よりも重要なこと

さてさて、セックスを学ぶと言っても、
何から学べばいいかわからないというのが正直なところかと思います。

それもそのはず、セックスって色々とやることが多いので、
学べ学べと言ってもどこから手をつけていいかわからないですよね。

セックステクニックとか、エッチ上手と言うと、
イメージするのが何か凄い技を使うってイメージじゃないかと思います。

何か一撃で女性をイカせるような必殺技。

ファイル 2016-04-12 19 46 19

それこそ、ドラゴンボールで言えば孫悟空のカメハメ波みたいな(笑)

凄い舌使いとか凄い指使いのような、
そういった必殺技のようなものは確かに”武器”になると思います。

でも、その前に知っておくこと、身につけておくことがあるんです。

エッチで女性が引いてしまう瞬間、エッチ中に女性が一気に冷めて瞬間というのがあります。

それがあると女性の感度も急激に下がってしまいますし、興奮も一気に冷めてしまいます。

感度と興奮というのは、女性がセックスで喜びを感じるには非常に重要な要素です。

ファイル 2016-04-13 9 51 57

感度と興奮が高まることで快感も大きくなっていきますし、
感度と興奮の高まりがあることでオーガームを迎えることができます。

だから、女性が引いてしまう、冷めてしまう瞬間というのは、セックスにおける大敵になるわけですね。

じゃあ、その天敵とは何なのか?というと・・・

それは、「痛い」と感じる瞬間です!

セックスの最中に「痛い!」と感じる瞬間があると、もうそれだけでセックスに対する印象が悪くなります。

例えどんなにクンニが上手であっても、どんなに手マンが上手であっても、
セックスの中で一つでも痛いと思わせるような愛撫をすれば、
そこの時点で女性は急激に冷めてしまいます。

「痛い」と感じさせただけで致命的なのです!

これ、結構大事なポイントです。

自信のある男性に陥りがちなことですが、自分のテクニックに自信がある分だけ、
「イカせてやる!」と意気込みすぎてしまって、思わず女性が痛いと思ってしまう愛撫をしてしまうんですね。

イカせること、感じさせることに意識がいきすぎて、女性が痛いと感じるかどうかを疎かにしてしまいがちなのです。

セックスで痛いと感じてしまうと、その瞬間に高まっていた感度も冷めてしまいますし、
高ぶっていた興奮も一気に下がっていってしまいます。

それだけでなく、痛いと感じる瞬間が一度でもあると、女性の中に恐怖心が芽生えてしまうんですね。

次にいつ「痛い」瞬間がくるかと思うと、セックスに集中できなくなってしまうんです。

感度も高まらず、興奮も冷めて、恐怖心が芽生えて、セックスに集中できない。
その状態では、とてもじゃないですがイ/クことなんてできませんよね?

何か凄い必殺技を使って、女性に今まで経験したことがないような
強烈なオーガズムを感じさせたいという気持ちはわかります。

そして、別に必殺技のようなテクニックが
意味が無いとか効果がないとは言うつもりはありません。

確かにそういう凄いテクニック、いわば”スゴワザ”は
強烈な快感を感じることもありますからね。

でも、

それ以上に大事なことは、「穴」や「弱点」がないセックスをすることなのです!

ファイル 2016-05-16 19 18 06

セックスというのは、ハグやキスから始まって、上半身への愛撫、下半身への愛撫、
舐めたり触ったりなど色々な愛撫をするものですよね。

その様々な行為の中で一つでも痛い瞬間があると、
その時点で一気に身も心もトーンダウンしてしまいます。

なので、まず大事なのは、全ての愛撫を最低でも平均レベルにはしておくこと。

クンニは得意だけど手マンは苦手みたいな、テクニックにバラつきを作るのではなく、
セックステクニック全体の底上げをすること。

そうすることで、女性も安心して身を任せられるようになりますし、
感度や興奮を一切漏らさず高まっていくことができるようになるのです。

バケツに一つでも穴が空いていたら、そこから一気に水が漏れてしまいます。
セックスで言えば、快感や興奮が穴から漏れてしまうようなものです。

セックスに弱点をなくす、穴をなくすために、
まずはセックステクニックを満遍なく学ぶことが非常に大事なのです!

女性に強烈な快感を与えるような、
必殺技のようなスゴワザはそれからでいいんです。

ベースをしっかり作ったあとにスゴワザを学んでいきましょう。

スポーツでも何でもそうですが、やはり基礎、ベースの部分が一番大切ですし、
ベースが出来てこそそこからの積み上げができるものです。

スゴワザというのは、女性を喜ばせるためのプラスαの技、
それこそ積み上げの部分になります。

まずはセックスの全般的なスキルをベースアップして、
総合力を身につけていくようにしましょう!


PAGE TOP
ツールバーへスキップ