不倫男性の言葉と心理

今回のテーマは、「不倫」です。

僕のブログやメルマガって、色々な人が見ています。
年齢は、下は10代から上は60代まで。

彼氏や旦那さんとのセックスをより良くしたいとか、
彼氏や旦那さんを今よりももっとセックスで喜ばせてあげたいとか、
相手どうこうよりも、今よりもセックスを楽しみたい、
もっと楽しいセックスのやり方を知りたいなど、
色々な理由でご覧頂いています。

その中でも結構多いのが、
セフレや不倫相手とのセックスのお悩みなんですね。

僕としては、セフレや不倫、浮気を肯定するつもりも否定するつもりもありません。
別に道徳のブログ・メルマガではないですからね!

ただ、結婚や生活と直結する通常の恋愛とは違って、
セフレや不倫というのは発展性の少ない関係ですから、
セックスが関係のメインになってきます。

それだけに、悩みも深かったり、
よりセックスに積極的に取り組むきっかけになるのだと思います。

そんな不倫のセックスですが、
不倫する男性は、不倫相手とのセックスをどう感じているのか?

みたいな内容が今回のテーマです。

不倫でのセックスは、通常のセックスとは違った
色々な感情がないまぜになるものです。

ご質問にもあったように、背徳感であったり、
いけないことをしているというスリルがあったり、
通常の恋愛とは違った刺激が入り込んできます。

そういったスリリングなセックスの場合は、
感情が大きく高ぶるものなんですよね。

人間、感情が高ぶると、表現も大袈裟になります。
言葉も、盛り盛りになることがあります。

だから、割り引いて考える必要があるんですね。

中には、「妻とは別れて、君と一緒になるよ」と
その場のムードだけで言ってしまう男性だっている始末です。

そして、その言葉を真に受けてしまうと・・・・

「いや、あれは、その場の空気でいっただけであって・・・本気にされると・・・」
みたいなね。

結構そういうのでトラブルになることってあるものなのです。

僕はスリリングな場で、その場の感情の高ぶりで、
多少大袈裟なことを言うのもありだと思います。

そういう言葉でのやりとりも、セックスの興奮のプラスになりますからね。
僕もそういう言葉のやりとりは嫌いではありません。

ただ、それはお互いの認識の上で理解しあっていて成り立つもの。

これは、セックスの場での盛り上がりの言葉ですよ、
というのが共通認識として成り立っていないと誤解が生まれてしまいます。

だからこそ、割り引いて考えることも必要です。

特に不倫のようなリスクを孕んだ関係の場合、
何かあると実害につながってしまいますからね。

とはいっても、全てがウソってわけではありません。

ブログにも書いたように、
どんなに大袈裟な表現であっても、
1を10に膨らませただけであって、
1は確実に存在するわけなんですね。

ですから、1の部分をしっかり見極めつつ、
その1を大切にして、関係を作って頂ければなと思います。


PAGE TOP
ツールバーへスキップ