セフレの女性をキープするための正しい接し方

せっかくセフレを作ったのに、お互いのバランスが崩れて長続きしない。そんなことはありませんか?セフレとの関係をキープすることは、お互い深入りしないようにしないとなかなか難しいものです。そこで今回は、セフレの女性をキープするための正しい接し方を紹介します。セフレとの関係が長続きしない方にオススメです。

言い合いをしない

2-4
セフレの女性との関係をキープするには、わがままを言わない方が良いでしょう。相手は彼女ではないので、こちらの弱みを見せたり精神的に頼るということはしないと初めから決めておいたほうが無難です。

セフレとの関係は、あくまでセックスだけの間柄と割り切って付き合うことをオススメします。セフレに不満がある場合は、言い合いやケンカをするのではなく、一旦距離を置いてみる、という方法が有効です。感情を出さない、ドライな関係を築くことを念頭に置いて関係を続けてみてください。

心地よいセックスのための努力を忘れない

%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%9e%e3%82%b7%e3%83%b3c3
セフレの女性との関係において大切なことは、心地よいセックスができるかどうかということです。もし、どちらか一方がセックスに不満を持つようであれば、セフレとしての関係は長続きしないでしょう。

関係を続けていくためには、セフレの女性にもう一度会いたいと思ってもらうための努力を怠らないようにしましょう。体を鍛えることや、セックスのテクニックを磨くこと、また常に清潔感の漂う服装を心がけるなど、できることはたくさんあります。

精神的に深入りさせない

彼女とセフレの違いを明確にしておいた方が、セフレの女性との関係は長続きします。特に、女性はセフレに対しても恋心を抱きやすいので、線引きをはっきりさせておいた方が良いです。

女性が精神的に深入りしてきたら、なるべく距離を取るようにしましょう。セックス以外のことはセフレの女性とはしないほうが無難です。気持ちの良いセックス以外を相手に求めないという線引きをお互いが理解できていれば、セフレとしての関係は長続きしますよ。

聞き流すことも大切

セフレの女性がわがままを言ってくるようであれば、話を聞き流すことも大切です。わがままに付き合ったり、親身に相談にのっているとセフレの関係は崩れてしまいます。なるべく聞き流すようにしましょう。

女性がセックス以外の精神的なことを求めてくるようであれば、それはセフレ以上の関係を望んでいるサインです。そうなったら、やはりセフレとしての適切な距離を保つようにしましょう。セフレの女性との関係をキープする上で、距離感を保つことは大切です。

会う頻度を決める

セフレの女性と頻繁に会っていると、感情が入り込み過ぎてしまったり、セックスに新鮮さが無くなります。感情が入り過ぎたり、セックスがマンネリ化するとセフレとしての関係を保つことは難しいでしょう。

そうならないために、あらかじめ自分の中でセフレと会う頻度を決めておきましょう。一か月に一度、二週間に一度など会う頻度を決めて、セフレと共有しておくと、無理のない関係を築くことができますよ。

いかがでしたか?セフレの女性をキープするための正しい接し方を紹介しました。セフレの関係を長続きさせる為には、距離間を上手に保つことが大切ですね。



PAGE TOP
ツールバーへスキップ